引越し難民回避・解決策!引越し予約ができない危機を乗り切るために

引越し難民という言葉が出てくるほど、今は引越し業者に空きがなく、とにかく引越し予約するのが大変な時代になってきました。

 

理由は、引越し業界だけでなく会社全体に残業時間を規制するような働きが強まってきたからです。今までは引越し業者それぞれが、多少無理をしても受注を請けていたのが、最近では無理できないため、全体的に予約を受けられる件数が減ってきているということです。

 

加えて、ネット通販などの影響で運送業界全体が通販の物流にシフトするようになってきているのも無視できない影響です。

 

今までは引越しの仕事をしていたけど、割に合わないから通販の運送に力を入れよう・・・と考えてしまう中小の事業者が増えてきているということですね。

 

 

そんな事情もあって、私たちが引越し業者に引越しの予約を取ろうとしても、希望の日程が空いていなかったり、空いていても料金がとんでもない金額になっていることはしばしばあります。

 

引越し難民増加の一途!3月・4月は引越しの予約がほとんどできない状況に

 

1年の中でも人の移動が最も多くなる3月・4月は、引越し予約がほとんどできない状況です。

 

特に2019年は、ヤマトホールディングスが事件があった関係で営業を受けられないため、その分の引越し受注が別の業者に回ることでさらに予約しにくい状況です。

 

横浜市から引越し料金でも、料金相場などが紹介されていますが、3月の休日の料金は実際、相場の2倍以上、中には通常期の10倍以上というとんでもない見積り金額を出す業者もあるようです。(実質、お断り価格ですよね・・・・)

 

国土交通省は引越し難民が増えないよう日をずらすように要請

 

国土交通省は、引越し難民が大量に増えてしまわないように、引越し者や異動を通告する企業に対して、3月4月初旬の引越しを避けるように要請しています。

 

でも、そんなこと言われても、各自都合が合わないのが現実的で、実際のところは3月、4月初旬に引越しをする人が依然として多くなってしまっています。

 

できることなら、引越しを4月中旬以降の平日にする、ゴールデンウィークの休日は避ける、などがとりあえず引越し難民にならないためのポイントです。